きらきらした毎日のつくりかた

せっかくなら毎日をもっとご機嫌に過ごしたい……そんな心地よい暮らし方のヒントを発信

今思うとあれってうつの前兆だった!?私に起こった具体的な体調や心の症状とは

私は昨年の1月から様々な不調が現れ、仕事に行けなくなりました。

 

「このままじゃまずい。」と定期的に通っていたカウンセリングルームへ駆け込み、担当の先生に「明日必ず心療内科を受診して。」との助言を受けました。

f:id:harunonaho:20200513155048j:plain

そして、翌日近所の心療内科へ……。そこで「うつ」と診断されました。

 

今客観的に振り返ると、仕事に行けなくなるもっと前から体調や心に異変がありました。

 

今回は、うつと診断される前に私に起こった具体的な症状についてお話します。

 

前兆や変化は人によって異なりますが1つの例として、あなたの受診のきっかけになれば幸いです。

 

 

■私に起こったうつの前兆①頭痛

心療内科「うつ」と診断される数か月前から、度々私が悩まされていたのが「頭痛」です。

f:id:harunonaho:20200520151826j:plain

もともと私は頭痛とは無縁だったのですが、モラハラ夫(元夫)と別居をはじめフルタイムで働くようになってから頻繁に症状として現れるように……。

 

職場でも自宅でも関係なく、ずきずき痛むのが辛くて「バファリン」などの市販の鎮痛剤を飲むこともよくありました。

 

生理痛などのときは、はっきり効き目があるのにこの頭痛には全く効果なし。日常の色んなことに集中できず困ったため、近所の内科を受診しました。

 

そこでははっきりとした原因は分からず……。とりあえず頭痛薬が処方されたので飲んでみましたが、全く効果はなし。

 

そのうちだんだん頭痛に慣れてきて、さほど気にならなくなりました。

 

■私に起こったうつの前兆②耳の痛み

「今振り返るとうつの前兆だったかも……。」と思う2つ目の症状は「耳の痛み」です。

f:id:harunonaho:20200503225717j:plain

飛行機に乗ったときのような「キーン」という感覚で、ずっと痛むわけではなく一日のうち数回起こる程度。

 

とはいえ「もし何か耳の病気だったら……。」と不安だったので念のため耳鼻科を受診。

 

結果「神経痛」と診断され、「時間とともに落ち着きますよ。」と特に治療も薬もなく診察終了。

 

そして、いわれた通り数週間で耳の痛みはなくなりました。

 

■私に起こったうつの前兆③背中や腰の痛み

今思うとうつの前兆だったかもしれない症状の3つ目は、背中や腰の痛みです。

f:id:harunonaho:20200520221852j:plain

こうして振り返ると、体のどこかが痛い系が多いですね……。

 

当時雑貨店で販売員として働いていた私。度々背中や腰が凝っているような痛みがあり、お客さんがいないとき自分で体を押したりしていました。

 

特に腰から背中にかけて痛みがひどく、指で強くつかむようにしてよくマッサージしていましたね。

 

揉んだときはマシになるのですが、時間がたつと痛みが復活……。仕事に集中するのが大変でした。

 

■私に起こったうつの前兆④人の話を聞いても入ってこない

決して「話を聞いていない」わけではないのです。どうにか理解しようと真剣に聞いているのに、相手が何をいっているのかわからず何度も同じことを聞いてしまう……私はそんな状態でした。

f:id:harunonaho:20200520221251j:plain

これは、うつと診断される数週間前から見られた症状です。

 

それと同時に、本やサイトなどの文字を見ても全く頭に入らなくなりました。

 

結果、仕事で上司にイライラされることが増えました。

 

どうにか周りに迷惑を掛けないように、メモ帳をもって書いて理解しようとするのですが、何を書けばいいのかさえも分からないのです。

 

聞いているのに分からない……。それによって仕事でミスをし、迷惑を掛けることが増えました。

 

次第に、職場にも居づらい雰囲気に。毎日が苦痛でした。

 

■私に起こったうつの前兆⑤全ての人に嫌われているのではないか、という感覚

うつと診断される1か月くらい前から「家族からも職場の人たちからも自分は嫌われている。」何の根拠もなく、そう感じるように。

f:id:harunonaho:20200227122606j:plain

当時美容師アシスタントとして働いていたので、どうしてもお客さんと話さなければならないのが本当に辛かったです。

 

次第にお客さんと会話するのも怖くなり、出勤してから帰るまで余計なことを全く話さなくなりました。

 

「全ての人が私を嫌っている」→「私なんていなければいいのに」→「消えたい」と頭の中でぐるぐるずっと考えていましたね。

 

今思うと恐ろしい思考回路です。

 

■私に起こったうつの前兆⑥好きなことに無関心になる

私が好きだったことは、食べることやお洒落をすることでした。

f:id:harunonaho:20200511151505j:plain

心身ともに元気なときは朝早く起きて自分用のお弁当を作っていたのですが、次第にラップにご飯を包むのが精一杯の状態に……。

 

持って行っても全部食べずに残して帰ってくることもありました。

 

また、大好きだったお洒落もどうでもよくなり、1日おきに同じ服を着るように。

 

それまでは、ネットを見ながら欲しいものを考えるのが好きだったのですが、スマホすらほとんど触らない状態になりました。

 

そして、以前は娘を寝かしつけた後テレビを見たり編み物をしたりなど、好きなことをして息抜きしていたのですがそれもしなくなりました。

 

「どうでもいい。」当時の心の中私は、頻繁にそうつぶやいていましたね。

 

■小さなSOSを見落とさないで!

自分自身ではっきり「おかしい」と感じるまでにも、体や心にはさまざまな変化があります。

 

そういったSOSを見逃さず、早めに専門機関を受診することがうつの早期発見・早期回復に繋がります。

 

もちろんうつ以外の病気である可能性もあるので、「何だかいつもと違うな」と思ったらそのままにして置かずに医師に相談することが重要です。

 

体と心が発する声に耳を傾け、どうか大切な自分自身を守ってくださいね。